最近、ブログロールからのリンクのSEO効果が落ちてますね。それを強く感じます。

Yahoo!(YST)でも、Googleでもブログロール(サイドバー)からの被リンクのSEO効果が弱くなりつつあるように感じますが、私だけでしょうか?

今でも結構ブログロールからのリンクは強いよ

SEOってのは、一時期だけやれば、以後ずーと上位表示されるって手法では無いです。コンテンツが強いなら、サイト内部を検索エンジンに最適化するだけで、コンテンツが価値を失わない限り上位をずーと維持する事は可能ですけどね。

コンテンツが強いとは、継続して第三者からのそのURLが外部リンクを集められるレベルの事。
そんなレベルに達しているコンテンツはWeb上に滅多に無い。
ビジネスブログであれば、少なくと継続して購読してくれる読者付く程度のコンテンツの強さがあれば十分。

世 界ベースで検索エンジン市場シェアを見ると、先月7月ベースで、Googleが78.45%。Baiduが8.87%、Yahoo!が7.16%、 Bingは3.17%。YahooとBingを合わせても10%に過ぎない。Googleは8倍のシェア。納得行く数字ではある。

実 際、YahooやBingのロボットと比べるとGooglebotの性能は8倍どころではないですね。ロボットの性能差に10倍以上の開きがあると普段の SEOやってて感じている。それくらい、Googleのクローラーは性能が良いのです。格が違います。ロボットの性能で競合検索を圧倒してます

検 索エンジン市場シェアは、データを提供している企業によって開きがあるので参考程度にお願いします。Googleのシェアは60~80%の間ですね。いず れにせよGoogleの独り勝ちです。圧倒的な強さに変わりはないです。Baiduが2位にいる点も注意が必要。今年5月にYSTを抜きました

Baiduは去年の比較すると倍近く検索市場でシェアを伸ばしています。「倍」ですからね。驚異的な伸び率だと思います。Baiduです。世界ではBaiduが勢力を広げています。一度Baidu検索を使ってみてはいかがでしょうか?

YST は殆どWeb上のリンク網の現状を把握出来ていない。Yahooの検索ロボットの性能が低過ぎて、Web上のどのページ対するリンクが増え、どのページ対 するリンクが減っているのかを全く把握出来ていない。ゆえに、YSTが生成する検索結果の順位は非常に偏ったものになる。

YSTはまだマシ。問題はBing。BingはWeb上に存在するページの殆どを認識できていない。

YST の検索結果では、本当に価値のあるサイトやページはランキングの上位には来ない。対するGoogleのロボットはYSTの検索ロボットの10倍以上性能が 上だ。Webの現状をより正確に把握している。ゆえに、Yahooよりは検索結果のランキングで「支持されている」ページが上位にきやすい

こ れは、テールキーワードでは当てはまるが、常に一定の検索需要があるヘッドのキーワードでは当てはまらない。ヘッドではYSTのほうがWeb上で支持され ているWebページを上位表示させている。Googleは逆にヘッドではSEO対策人に攻略されてしまっている。人工リンクがGoogleではもろに効く ので。

こ れは、確信があるんで言いますが、Twitterで価値ある情報を発信している人は本当に一部ですな。Twitterで自分が定めたテーマから一切ブレず に情報発信し続けている人をたまーに、見かけるが感動する。商売人にそういう人が多いが、さすが自分でビジネスやってるだけの事はある。強い心

By トンちゃん

港区矯正歯科医院
八潮市歯科医院
与野歯科医院の歯医者
鳩ヶ谷市歯科医院
熊谷市歯医者さん
立石歯医者さん
新小岩歯医者さん
船橋市行田歯医者さん
川口市歯医者さん
さいたま市緑区歯医者さん