個 人としての私は一生涯、無名でいたい。「個人として有名になりたい、名声を得たい」と思っている人は世の中に沢山いますが私は逆です。有名になりたくな い。ずーと無名で誰からも注目される事無く気楽にのんびり生きて行きたい。しかし企業としてはそれでは困る(笑)なので認知度をさらに上げて行く

皆さんは、誰の為に記事を書いたりツイートしたりしているのですかね。私の場合はリピーターつまり固定客の為です。ここでいう「誰の為」の『為』とは「利益」という意味ですが、私は固定客の利益になる事書くようにしてます。固定客に気付きを与える内容になるように。

昔、あるお客さんに「トンちゃんはいつも私が必要としている情報をチョウド必要としている時に記事にしてくれる」と言われましたが、これは偶然では無いです。いつも固定客が必要としている事を記事にしたりツイートしているだけです。

私 のメインSEOサービスは5URLの対策で7000円と激安ですから、お客さんとメールなどでユックリ話している暇は無いのです。生存利潤を上げる為には 多数のお客さんの対策を同時に進めねばならないので、ユックリ話などできないのです。ですから、その代わりに記事で語りかけているのです。

あ とは、競合するSEO業者さんや被リンク業者さんが「今必要としている情報」をツイートしたり記事にする事もあります。私は好き嫌いがはっきりしておりま すので嫌いな人間には塩は送りませんが、気に行ったSEO業者さんや被リンク業者さんには塩を送ります。上杉謙信のように。

ちなみに戦国武将で私が好きなのは「風林火山」の武田信玄とホトトギスが鳴くまで待てる「徳川家康」です。この二人は「待つ能力」が非常に高かったと思います。そして「足るを知っていた」武将だと思います。

「賢 者は体験から学び愚者は歴史から学んだ気になる。By トン」。これが真実だと私は思う。歴史を学んでも学んだ気になるだけだ。学んだ気になっている「賢者」が世の中には溢れているので何時もそう思う。私は今 後も体験ベースの情報提供に徹する。歴史を学んで学んだ気になっている連中とは違う

毎 日できる事を確実にこなせばいい。どうあがいても出来る事しか出来んよ人間は。レベル10の事が自分に出来る最大の事ならレベル10の事を日々やればい い。それを続けて行くと熟練度が上がりいずれ閾値を越える。閾値を超えた段階でレベル11の事に手を出せるようになる。そうなるまで待つ事が大事

た とえ、ツイッターでTake(自分の事を考える)中心でツイートしても、読者にはGive(相手の事を考える)なツイート映るようにする事は可能。読者に とって有益な情報源になるかどうかはTwitterでの情報発信の「切り口」次第。切り口次第でTakeなツイートもGiveなツイートになる

Twitter で扱うテーマ(切り口)がGive(相手の事を考える)な内容であれば、実際のツイートがひたすらTake(自分の事を考える)な内容であっても、相手 (読者)には有益な情報に映る。ブログであれ、ホームページであれ、ミニブログ(ツイッター)であれ一番重要なのはテーマ(切り口)

こ れは経営戦略などでも同じ。儲かる戦略(切り口)が策定出来ていれば、多少戦術がオカシクても売上は上がる。ブログ・Twitter・ホームページでは読 者から見てGiveな内容(切り口)になっている事が絶対条件だが、実際にブログ等で書く内容はTakeな内容でもOK。

サ イトテーマ(切り口)がGiveで、その範囲内で情報発信するならば、書く内容がTake(自分の事を考える)でも相手にはGive(相手の事を考える) に映る。とにかく、TwitterもブログもHPも重要なのは切り口。すべて切り口次第で、Takeな書きこみもGiveに変わる。

By トンちゃん

SEOコンサルタントSEO会社SEOホームページYahoo SEOGoogle SEOBing SEO
ヤフーSEOGoogle SEO

特許出願特許出願流れ特許申請方法特許出願費用