キー ワード順位一覧見ていると気付くんだけど、Yahooはページ内要因をものすごく重視するね。対するGoogleはページ内要因よりもページ外要因を重視 する。それがキーワード順位で鮮明に現れるから面白い。ページ内要因を軽視してコンテンツを作ると、Yahooでは順位上がらずってな感じね

Yahoo やBingは見える部分(ユーザーインターフェース)で差別化しようとするが、Googleは見ない部分で差別化を図ろうとしている。さらに競合他社を引 き離そうとしている。まさに王者(強者)の戦い方だ。本当に実力のある企業は皆、見えない部分(バックヤード)で差別化を図る。

基本的にサイトのテーマは、絞れば絞るほどSEO上、有利になる。何も意識しなくとも、自然と特定キーワードの出現頻度がサイト全体で高まって行くからだ。逆にサイトのテーマを広げれば広げるほど、SEO上不利になる事を情報発信者は意識しなければならない。

サイト内全体でのキーワード出現頻度に注目している点がユニーク。当時のこの考えでGoogleにてキーワード「SEO対策」で100位台まで5URLを押し上げたと記憶している。懐かしい。

テー マを絞る事は、SEOで有利なだけで無く、貴方のサイトの読者にとっても有益だ。テーマを広げるのは貴方の勝手だが、テーマを広げるという事は、読者に とってはノイズが増えるという事だと自覚したほうが良い。有益な情報がタマーに出現する程度でノイズが圧倒的に多いなら定期購読する価値は無い

毎 度の事だが、毎週毎週、土日はアクセスが目立って落ちる。SEOを始めてから気付いた事が、平日の方が倍くらいアクセスが多い。多くの方は休日は、あまり PCを使わないのでしょうな。但し、携帯からのアクセスではこの土日のトラフィック減の法則が当て嵌らない。EveryWhere性が高いから

Blog タイトルをまたいじくってみた。タイトル部分の変更の影響はとてつもなくデカイです。近いうちに順位に影響が出るでしょう^^。今回はタイトル部分の無駄 な贅肉をとってみますた。以前よりキーワード「SEO」が若干前に来るんで順位変動が来るはずです。titleにキーワードはSEO定石

SEOの定石だが、キーワードをタイトル部分に含めずとも上位表示は出来る。Google キーワードツール マッチタイプ完全一致で月間検索ボリュームが5万を超える難しいキーワードでも、タイトルにキーワード無しで上位表示可能。

タ イトル変更で早速Googleで順位変動でした。クローラーの巡回速度が桁違いだからGoogleは反映が速いです。Webページに大きな変更を加える と、Googleはたいてい過剰反応を起こす(順位を大幅に落とす)が、しばらくすると元に戻ります。ヤフーは鈍いから忘れた頃に変動が来ます。

ト ンちゃんとキーワード「SEO」や「SEO対策」で競合するアメブロガーな彼らの被リンク数は凄いですよ。トップページの被リンクだけで3万とか7万です からね。サブページに対しても猛烈な数の被リンクと^^;。だがね、私のブログの方が順位が上だったりするわけ。被リンク数で勝負は決まらんよ

最 近、思うがGoogleBotのヤツ、JavaScriptのリンク辿ってるような気がする。インデックス調査をしていて気付いた。JavaScript のリンクしか無いページがインデックスされてるんでね。Yahoo Slurpはインデックスされてないから、たぶん辿って無いような気がする

Twitter のフォロワーを観察してると、自分から先ずフォローして、一定期間内にフォロー返しが無かったら、フォロー解除してってのを繰り返している方々が居るよう だね。自分のTwitterのフォロワーを増やす為の「戦術」なんでしょうな。フォロワーが増えればトラフィックも増えるからのぅ

こ の「トンちゃん-SEO対策代行人」もビッグキーワード「SEO対策」で377位まで上がって来たみたいね。トンちゃんのメインブログと違って足を引っ張 られる外部要因がほとんど無いからこれからもっと順位を上げていくでしょうな。このTwitterで「SEO対策」10位内狙って行くか?(笑

有 名なSEO企業のブログや有名な情報サイト等でビッグキーワード「SEO」や「SEO対策」で上位に全くランクインしていないってサイト意外に多い。但 し、ビッグキーワードでの集客は出来なくても、スモールで大量に上位表示されてたり、他の手段でサイトへの集客の入口を沢山作ってます。さすがだ

ロングテールSEOね。ビジネスブログ集客といえばロングテールSEO

ビッ グキーワードで集客出来なくても、スモールキーワードやロングテールキーワードで集客を増やせば相当のもんだからね。スモールやロングテールじゃ集客数が 知れてるからと言って、手抜きの記事を書か無い事が重要だと思う。検索エンジンで集客があまり出来ずとも記事が優れていればクチコミで広がる

優れた記事を書いても競合ページのSEOが強過ぎて、自ページが検索エンジンで上位を取れないという事はよくある事だ。検索エンジンで集客出来なくとも、優れた記事はやはり、優れた記事なので別の手段である程度集客さえ出来ればバイラルで広がっていく。

SEO実績検索エンジン対策上位表示検索上位検索エンジン最適化SEO キーワード検索エンジン登録代行SEO 東京SEOサポートSEOプロSEOセミナーインターネット広告代理店